減災ソリューション

  • 減災ソリューション
  • その他ソリューション
  • その他サービス

緊急地震速報衛星配信サービス

緊急地震速報とは

地震の大きな揺れが到達する数秒0十数秒前にこれを知り、列車やエレベーター制御に利用したり、人々の避難行動などに活用することで、地震災害の軽減に役立つことが期待されています。将来はこの予測技術で、より迅速に津波予報が行える見込みです。

緊急地震速報の必要性

地震が来ることを事前に知ることができれば、従業員の突発的な恐怖やパニックを低減させ、危険回避を促すことができる。 事業継続の大前提は人命の確保である。

 
 
   

大地震発生後予想される被害

  • 落下物や、作動中の機械との接触などによる作業員の負傷
  • 危険薬液やガスの流出による二次災害
  • 保管製品の落下などによる作業員の負傷、避難路の遮断
  • 生産装置の被害による操業停止

速報受信による減災行動

速報により、施設内に設置されたパトライトの点滅とサイレンで、すぐに大地震が到達することを知らせる。さらに構内放送を流して、作業員を安全な場所へ避難誘導する。避難が遅れた作業員を想定し、システムによって制御された避難口を自動的に開放するとともに、二次災害の発生を防ぐために、生産装置のサイクル停止、危険薬液・ガスの遮断を自動的に行う。二次災害の防止は、生産活動の早期再開に非常に有益である。

衛星通信の特徴

柔軟性
アンテナさえ設置すれば、
広域性
全国どこでも、
同報性
同じ情報をリアルタイム受信でき、 全国どこでも1秒以下で伝送可能
耐災害性
災害時でも、ほぼ確実に情報が受け取れます。
シンプル構造
アンテナと受信機、及びLAN環境だけのシンプルな構造。配信のための特別な手間やコストは発生いたしません。
様々な利用形態
船舶など移動しながらの受信や、地上回線との相互補完など、様々な利用形態が実現可能。
衛星通信の特徴(柔軟性・広域性・同報性・耐災害性)

サービスの概要

  • 緊急地震速報をリアルタイムに衛星向けデータに変換し、全国の受信機に向けて一斉に送信します。受信機では、接続されたLAN上の機器に向けて速報を再送信し、さまざまな装置で処理・利用します。
  • 受信に必要な装置は、衛星用パラボラアンテナと専用受信機、及びLAN環境だけのシンプルなシステム構成。地上回線よにる速報受信と相互補完的な利用も可能です。
セーフティバードサービスの提供範囲図

受信システムと活用イメージ

▼活用分野
活用分野 活用イメージ(評価試験の主な目的)
鉄道 ・乗務員への緊急無線連絡、列車運行制御  ・路線図などへの被害予測表示
電力 ・給電運用・現場作業における被害軽減  ・障害発生予防措置
建設・ビル管理 ・ビルなど構造物の有効管理  ・エレベータ運行制御  ・作業現場における社員の安全確保 ・ビル利用者などへの警報、避難誘導 ・防災担当職員の初動体制確立
製造 ・生産ライン制御による被害低減  ・工場内作業員の危険回避、安全確保  ・ユーザー向け各種システム開発
大学等研究機関 ・地域防災、津波早期検知などの研究  ・地震防災への活用
CATV ・CATV網における伝達手段や活用検討  ・音声告知システムによる伝達方法の検証
緊急地震速報衛星配信サービス「セーフティバード SafetyBIRD」
ページトップへ
㈲望月通信サービス 〒410-0305 静岡県沼津市青野258-3 055-967-7388